image

ローンの繰り上げ返済の効果

ボーナスの人気の使い道として「ローン返済に充てる」といった使い道があります。
確かに、まとまったお金があるのですから、その分住宅ローンなどの返済に充てれば、将来的に楽になります。
特に他に使い道もない方は、ローン返済に充てるのもよろしいでしょう。

ローンにも金利がつくため、早めに返済したほうが金利分のお金が浮くことになります。

そのため、ローンを繰り上げして返すというのは将来的にはお得になることです。
また、ローン返済期間が短くなれば、将来的にはローン返済から早めに解放されることになるのです。
自分の人生設計をするうえで、ローンはいつまでも付きまとってくる拘束感のあるものと感じる方もいらっしゃるでしょう。
そうした方には、ボーナスのようなまとまったお金でローン返済を少しでも早く終わらせるという手法も交えていくことをお勧めします。

ただ、あまりにもローン返済につぎこんでもあまり意味がありません。

ローンの繰り上げ返済をしても、そもそも総額が高額なため、元金は中々減りません。
ローンは元々、皆様の将来的な昇級なども見越して組まれているもののため、昇級する前のボーナスをあまりにつぎこんでも全体には劇的に効果を表すものではありません。
そのため、せっかくのボーナスを無駄にしてしまうといったことも考えられます。

せっかく現時点での負担を軽減するためにローンを組んだのに、現時点でも苦労していたらあまりローンを組んでいる意味がありません。
ローン繰り上げはもちろんお得になることもありますが、度を越すとかえって自分の首を絞めることになりますので、ご注意ください。