image

ときには使うことも大切

貯蓄やローン返済、投資といったコツコツと慎重な使い方もボーナスの使い道としては有効です。
しかし、せっかく一度に大金が入るのですから、そのお金を使って何か自分のためになること、または人のためになることをやってみるのもいいでしょう。

出費

以下にはやってみるべきことを2点ほどあげてみます。

1.自己投資へ使う
投資といっても、お金を増やす投資ではなく、自分の成長のための投資です。
たまには遠いところへ旅行したり、趣味のためにお金を使ったりして、普段自分がしないようなことにチャレンジしてみましょう!
もちろん浪費するのはどうかと思いますが、思いっきり遊ぶために使うのもアリでしょう。
何も考えず貯蓄をしてしまうのは、どこかおもしろくありません。
せっかくのチャンスなのですから、新しい自分への投資と思ってボーナスを使ってみましょう!

2.家族のために使う
お子さんがいるのでしたら、どこか旅行に連れて行ってあげたりして、家ではできない体験などをさせてあげるのもボーナスの有効な使い道です。
また、ご両親がご存命でしたら、親孝行の旅行に連れて行ってあげたり、何か少しプレゼントをしてあげたりするのもよろしいでしょう。
自分たちのためだけではなく、たまには他の人のためになるようなことをしてあげられる良い機会にもなりますので、ぜひボーナスを活用してみてください。

他にも様々な使い道はありますが、とりあえずはこんなところでしょうか。
まとまったお金があれば、普段と違った体験をすることもできますので、思い切ってお金を使ってしまうのもお勧めです!